故郷の丘に眠る ”夢追い人”


坂口弘一 故郷の丘に眠る

弘一兄の少年時代、風光明媚なざんばら公園墓地に隣接する、山の池、妙見山、
日天教辺りは、草原や山林、水辺の有る、格好の遊び場でした。

山の池の土手で土筆やゼンマイを取り、霞網を張り、小鳥取りをしました。
妙見山で野兎を追い駆けたり、竃の燃料となる、柴刈りをしました。
又、水が少なくなった山の池では、海老蟹取りをしました。

兄の弘一から聞いた逸話ですが、戦時中、山の池で泳いでいるとグラマン戦闘機に
狙われ、機銃掃射を受け、グラマン戦闘機を操縦している操縦士の顔やゴーグルが
はっきりと見える程に接近し、山の池で泳いでいる、少年だった長兄を目掛けて機銃掃射を
掛けてきたそうです。
幸い、池の入り江に張り出している松の木の木陰に隠れ、難を逃れることができたと
語っていました。

 

戦闘員でない少年だった兄の弘一に、グラマン戦闘機は、容赦なく機銃掃射を
加えました。女、子供などの非戦闘員もすべて攻撃の対象となっていました。
戦中派である長兄にとり、戦争は、実感として残酷であり、美化はできませんでした。
昔話を語ることの少ない人だっただけに、戦時中の印象的な体験話でした。


だんばら公園

山の池周辺は、兄の弘一にとっても、私と同様に、幼少の頃の里山であり、遊び場でした。
そして、兄弘一は、今、ざんばら公園がある丘陵の墓地に永眠しました。
ざんばら公園がある丘陵から故郷の山の池が眼下に広がり、墓地がある丘陵から里山へ向け、
ひとつの時代を駆け抜けた、古武道家坂口弘一の魂魄と涼風が吹き抜けています。


だんばら公園


だんばら公園


だんばら公園墓地




実践空手の使い手 坂口弘一 に戻る